くもりのち私。

HSPの人は恋愛や結婚に向かないのではと不安に思っているあなたへ

calendar

reload

HSPの人は恋愛や結婚に向かないのではと不安に思っているあなたへ

敏感で繊細、感受性が強く共感能力の高いHSPは、その気質ゆえに人との交流があまり得意ではない人が多いようです(HSPについての解説はこちらの記事へ)。

私自身も他人との交流はそつなくこなしているふりをしていますが、実はとても疲れるので苦手です。

そんなHSPですから、恋愛がうまくいかなかった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

だからといって、HSP気質を持つ人が恋愛や結婚に向かないと決め付けるのは早計です。

HSPでも幸せな恋愛や結婚をしている人はたくさんいます。私もそのひとりです。

 

HSPだって恋愛も結婚もできる

 

5人に1人のHSPですから、「HSPだから結婚や恋愛ができない」なんてわけがありません。

2017年の生涯未婚率は、男性23%、女性14%です。この時点ですでに、女性の生涯未婚率は「5人に1人」以下です。

さらに未婚者には同性愛者もいれば、結婚する気がない人も、家庭の事情や経済的理由などで結婚できない人もいます。

そういった人たちが全員HSPであるはずがありません。つまり、結婚しているHSP気質の人はたくさんいるんです。

HSPだから結婚できないのではなく、HSPだから他人と上手くやっていける自信がないだけのことなんです。

 

HSP気質の恋愛傾向

HSP気質の人は他者の気持ちに敏感なため、男女問わずどうしても「尽くす恋愛」になりがちです。

もちろん私も例に漏れず、気分を害さないように、喜ばせられるように、一緒にいたいと思ってもらえるように、とにかく自分のことは二の次で尽くし続けてばかりでした。

 

また、HSPの中には恋愛に依存する傾向が強い人も多いと言われています。

これは私なりに分析してみました。

自分という人間が他者に必要とされていると最も感じるのが、恋愛なんですよね。

すぐに人の心の裏側を読んでしまうHSPは、他者の本音と建前を深読みします。

「恋愛」という関係は、基本的には建前ではないはずのもの。

だからこそ社交辞令ではなく自分と接してくれる恋人に依存してしまうのではないでしょうか。

 

尽くしすぎてしまったり、依存しすぎてしまったり。それがHSP気質を持った人に多い恋愛の傾向なのではないかと思います。

 

HSPのパートナーに向かない人

 

前述のように、尽くしてしまいがちなHSP。

ですが、それを当たり前と受け止められるようになると、苦痛を感じます。

尽くされることを当たり前と受け止めてしまう人は、HSPのパートナーには向かないでしょう。

 

もうひとつ、これも私の経験に基づいたものですが、「他者への思いやりがない人」もHSPのパートナーには向かないかもしれません。

 

たとえば誰かのコンプレックスを笑いのタネにして「いじっているだけ」と思っていたり。

困っている人を見ても平然と通り過ぎることができたり。

 

車の運転なんかは、特にわかりやすいですよね。

明らかに譲れるタイミングなのに譲らなかったり、煽ったり。

何かあるとすぐ人のせいにする人もいます。

 

HSPは、他者への共感能力が非常に高いという特徴があります。

そんなHSP気質を持つ人のパートナーには絶対に向かないのが、思いやりのない人です。

些細な棘でも積み重なれば大きな痛みになり、いつかあなたを押しつぶすかもしれません。

 

一口に言ってしまえば、「ありがとう」と「ごめんね」が言えない人は、HSPのパートナーには向かないのではないかと私は思っています。

 

価値観が全く同じ人に出会える確率は極めて低い

 

よく結婚した理由についてのアンケートで「価値観が同じ」ということが挙げられますよね。

逆に、離婚理由で「価値観の不一致」というのもよく見かけます。

でも、価値観が100%同じ人に出会えることなんて、まず有り得ません。仲のいい家族ですら、多少なりとも価値観の合わないところはあります。

とはいえ、価値観は近いに越したことはありません。

大切なのは、あなたが「譲れない」と思う部分での価値観が合う相手であることです。

 

私の場合は、前述のように他者への思いやりです。

あなたの場合は何でしょうか?

その「譲れない部分」の価値観が合わない人とは、残念ながらずっと一緒にいると苦痛を感じるようになるでしょう。

逆に言えば、譲れない部分の価値観が合っているのなら、多少の食い違いは諦めて流すことができるはずです。

 

結婚は、他人との共同生活です。

どちらも全く我慢せずに暮らすなんて、そうそうできるはずがありません。

 

HSPじゃない人が辛さを分からないのは当たり前

 

当たり前のことですが、5人に1人がHSPだということは、他の4人はHSPではありません。

つまり、HSPが何を辛く感じるかなんて、HSPほど他者の気持ちに敏感ではない人にわかるはずがないのです。

HSPにとっては相手の気持ちを慮るのが当たり前なので、察してもらえないことに苛立ちを感じるかもしれません。

でもHSPではない人からしてみれば、「言ってくれなきゃわからない」んです。

 

ですから自分がHSPだと気づけた人は、大切な人には伝えましょう。

HSPの特性を知ることができたということは、同時にそれがHSPではない人にはわからないと知ることができたのですから、伝えることで自分の辛さを軽減できるチャンスかもしれないですよ。

たとえばパートナーに「ごめん、私は一人の時間が取れないとストレスが溜まっちゃうっていう性質があるんだ」とか、「私は生まれつき五感が人より過敏すぎて、大きな音は苦手なんだ」とか伝えることができるんです。

それを理解してもらうことで、あなたの辛さは少しでも軽くなるはずです。

 

HSPという気質のことは知らなくても、ひとつひとつの特性について説明することで伝わることもあるんです。

そこで「そんなんじゃダメだよ、克服しないと」と押し付ける人や理解しようとしない人とは上手くいかないと判断できる材料にもなりますしね。

 

まとめ

  • HSPだって恋愛も結婚もできる
  • HSPの恋愛は尽くしすぎ・依存しすぎの傾向がある
  • 他者への思いやりがない人はHSPのパートナーに向かない
  • 譲れない部分の価値観が合う人であることが大切
  • 大切な人には自分が何を辛く感じるか伝えよう

 

もちろん結婚せずひとりで過ごすことの方が好きなら、それはそれで構わないと思います。

けれど自分はHSPだから恋愛できないとか結婚できないとか、そう決めつけてしまうことはとても勿体無いことです。

HSPでなくたって、いいパートナーに出会えていない人はたくさんいますし、結婚に失敗している人もいます。

その逆で、HSPでも幸せな結婚をしている人は必ずいます。

「自分はHSPだから」と自ら他者との間に壁を作ってしまわないように、もっともっとHSPをポジティヴに受け止められたら人生は変わりますよ!